投稿

カルカソンヌ ゲームルール インスト説明用

イメージ
カルカソンヌは、古代ローマ時代の要塞都市カルカソンヌをモチーフにしたゲーム。プレイ人数は2~5名。ドイツ年間ゲーム大賞大賞、ドイツゲーム大賞1位にもなったゲーム。

■どんなゲーム?

タイルを並べて街や道を作るゲームです。

■目的
街や道を作ると得点が入ります。
ゲーム終了時に得点が高かった人の勝ち!

■ゲームの終了
タイルが無くなると、ゲーム終了。

■ざっくりゲーム進行
1.自分の手番がきたら、タイルを引く。
2.配置してあるタイルと絵柄が繋がるように置く。
3.置いたタイル上の街・道・聖堂・草原にコマを置く。
  コマを置くと自分の所有になります。
4.タイルが無くなるまで繰り返す。


■詳細説明

- 準備

ゲーム開始時にスタートタイルを置きます。スタートタイルは、裏面が黒っぽいタイルです。

その他のタイルは全て裏を向けて山札とします。中が見えないよう、袋に入れてもOK。

各プレイヤーは好きな色のコマを選びます。
得点用のコマを得点ボードの0点の位置に置きます。


- ゲーム開始

自分の手番がきたら、タイル1枚を引きます。引いたタイルを、場に置いてあるタイルと隣接するように置きます。

タイルには街・道・草原・修道院が描かれています。必ず同じ絵柄同士が繋がるようタイルを置いてください。道には道を、街には街を、草原には草原をつなげます。

タイルを置いたら、自分が置いたタイル上の街・道・草原・修道院へコマを置くことができます。コマを置いた場所が自分の所有になります。置き忘れると、得点にならないので忘れないように。

ただし、繋がった街や道に他プレイヤーのコマが既にある場合は、自分のコマを置けません。

その街・道・修道院が完成すると、置いたコマは手元に戻ってきます。草原のみ、ゲーム中に戻ってくることはありません。完成したら、得点ボードのコマを動かして加点してください。

それぞれの得点は
道は1タイル1点
街は完成すると1タイル2点
街タイルに書かれた紋章は1つ2点

ただし、街と紋章は完成しないと半分の1点になります。ですから、街はできるだけ閉じて完成させましょう。

修道院は完成すると9点
修道院のタイルは、修道院を中心に周りのタイルの数が点数になります。周りがすべて埋まると完成。完成していなくてもゲーム終了にタイル数を数えて加点します。道と同じく
、完成しなくても減点にはな…

ボードゲーム会報告 002

イメージ
GWの最終日でしたが、たくさんの方にご参加いただきました。予定を開けていただいた方も多かったと思います。ありがとうございます!


今回も食べきれないほどの差し入れがっ! ボードゲーム会の時は、食べ物テーブルスペースが小さいので、サンドイッチ・焼き菓子など、重ねても大丈夫な手軽な食物が良さそうですね。

今回プレイしたのは

■カルカソンヌ
ゲーム購入補助費でカルカソンヌを購入しましたので、さっそくプレイ。タイルを並べ、街や道を作って遊びます。タイルが無くなったらゲーム終了、得点が大きい人の勝ち。「早く、次のタイルを引きたい!」そんなゲーム。今回は初回だったので1時間を超えるプレジ時間でしたが、慣れるとサクサク進むようになります。


■ポイズン
できるだけ、カードを引き取らないように手札を捨てるゲーム。数字の合計が13を超えないように手札を釜に捨てていこう。手軽にジレンマを感じることができるライナー・クニツィアのカードゲームです。コンポーネントの釜タイルは不要なんじゃ・・・と少しでも思った人は、先生ゆるしません。廊下に立ってなさい。



■ディクシット
イラストカードを使った連想ゲーム。妄想力想像力がある人は、ニヤニヤしながらプレイできる。相手の意外な一面が見えたりして楽しい。プレイヤーの面子が変わると印象も変わります。

■おばけキャッチ
おなじみ、「あっ、アッ」ってなる色と形のカルタライクなゲーム。女性は色彩に敏感といいますが、このゲームをしていると、それが実感できます。照明の関係もあって、青と紫がわかりにくいのが難点。いっそのこと、本コマを紫に塗っちゃいましょうか。



■ペンギンパーティー
ルール説明が1分で終わるお手軽さにも関わらず、駆け引きもあるカードゲーム。ちょっと空いた時間に軽くプレイできる良ゲー。ペンギンの絵が同じようでいて、実は全て違うのは内緒。

■なんじゃもんじゃ
カードに書かれた変なキャラクターに名前をつけていくゲーム。「コイツ、なんて名前だっけ?」 隣のテーブルでプレイしていても、変な名前が聞こえてきて気になって仕方ありません。


今回は、ゲーム半分、雑談半分ぐらいの時間配分でした。ゲーム中心の場にするのか、雑談の合間にゲームをするぐらいの場にするのか、少し迷っています。

第一回目は、きっちりゲームをする場でした。第二回目は雑談中心の場でした。どちらも良さが…

2017.05.07開催予定 第2回大人アナログゲーム部

イメージ
2017年5月7日に第2回大人アナログゲーム部を開きます。
⇒ ゲーム会については「ゲーム部とは」で。

ねこびやか88番地ブログでも、告知していただいています。

前回のゲーム会、盛り上がりましたね! 初回で準備不足なこともありましがた、参加いただいた方々に助けていただいて、大盛況で終えることができました。

準備の段階から、ゲーム会の副題に投票いただいたり、名札見本作りをお手伝いいただいたり、ゲーム選定でB-cafeさんにアドバイス頂いたり、当日はセッティングをお願いしたり、ピザと焼き菓子の差し入れをしていただいたり、安心の黒帽子号で送ってもらったりと、もろもろ、お気遣いいただいてありがとうございました!

良いゲーム会として続けられるよう、ブチョー係として裏方がんばりますので、引き続き、ご協力いだけましたら幸いです。

---

ゲーム会の雰囲気は88番地のブログで見ていただくとして、こちらのブログでは、ゲーム会で変更になったことや裏方の仕事について、書いていこうと思います。

■終了時間
開場 18:30 ~ 
終了&片付け 22:30~
23:00 チャイムで撤収

名残惜しい時間ではありますが、ねこびやかさんも次の日がありますので、23時撤収でお願いたしますっ。

■アナログゲーム慣れてないんだけど?
ほぼ全員がアナログゲーム初心者です。全員が失敗しなが遊んでますので、気兼ねなくご参加ください。大富豪とかUNOぐらいの難易度のゲームが大半です。

■ゲーム会2ヶ月おき?
1・2ヶ月に1回で考えていますが、ねこびやかさんのスケジュールに合わせて決めています。他の部活や保護猫活動との兼ね合いもありますので、相談しながらです。

■タイムテーブルがなくなった?
第一回目は、ゲーム時間を1時間毎に区切る予定でした。アナログゲーム初心者が多いので、決めておいたほうが進めやすいかと思ったからです。実際は、混乱もありませんでしたので、第二回目よりタイムテーブル制は無しにします。

お好きな時間に来ていただいて、ゲームが始まるのをお待ちください。ゲームを進めている方は、入ってもらえるタイミングがあれば、声掛けをお願いします。

ゲーム会の流れ

■ゲーム購入補助費
現在、5000円をお預かりしています。前回、B-cafeさんのご好意でカードラインとケルトを1000円でレンタルさせていただきまし…

ディクシット Dixit ゲームルール説明 ゲーム会インスト用

ディクシットは、イラストカードを使って遊ぶ、連想+クイズゲームです。3~6人までとなっていますが、得点の計算方法を10人ぐらいまで遊べます。


---

カードを配ります。一人につき6枚。
カードに書かれたイラストは同じものはありません。

順番に手番が周ってきます。やることが多いので”親”と言ったほうが分かりやすかもしれません。

手番が周ってきたら、6枚の手札から1枚を選んで場に出します。

出すときは、裏を向けて、イラストが見えないように。

カードを出すと同時に、そのイラストから思い浮かんだ言葉を宣言します。

最初は、少し分かりづらい抽象的な言葉がいいかもしれません。

例えば、「友達」「情熱」「恋愛」などです。

他にも擬音や色、感覚、体験、物語など、特に制限はありません。

(確認)ここまで大丈夫ですか?

---

親が言葉を宣言したら、他の人は、その言葉に近いと思うイラストカードを手札から選びます。

選んだら、見えないよう裏を向けて、親のカードの上に置いていきます。

全員が出し終わったら、山札からカード1枚を引いて、シャッフルします。

シャッフルできたら、場に1枚ずつオープンしていきます。

全てオープンしたら、どのカードが親のカードか予想します。

どれが親のカードか予想できたら、付属の予想カードにピンを刺して、見えないように持っておきます。

全員の予想が終わったら、一斉にオープン。

親は自分のカードがどれか答えます。

(確認)ここまで大丈夫ですか?

---

得点を加算します。

得点分、得点ボード上のコマを進めていきます。

3点 親のカードを当てた人
1点 自分が出したカードを親カードだと予想した人につき1点

親は計算方法が違います。

0点 全ての人に当てられた
   誰にも当てられなかった

3点 何人かに当てられた

つまり、親のカードは解りやすすぎても、難しすぎても駄目です。

では、さっそく始めましょう。




ポイズン ゲームルール:インスト説明用

ポイズンは、カードを場に捨てながら、いかにマイナス点を少なくするかを競うゲーム。どのカードを引き受けるのか悩みつつ、上手にカードを捨てていこう。3~6人用。

---

■ゲームのテーマ

魔女が釜で薬を作っている。
材料を入れすぎると釜から溢れてしまう!
溢れないように上手く薬を調合しよう。

■カードの種類

カードは4種類。

赤・青・紫の薬カードと、緑の毒薬カードがあります。

それぞのカードには1~7の数字が振られています。

ただし、3・6はありません。

緑の毒薬は4だけです。

■遊び方

カードを良く切って、全て配ります。

大富豪やUNOと同じように順番に手番が周ってきます。

自分の番になったら、カードを1枚捨てます。

捨てられる場所は3箇所。一つの捨て場所には、同じ色のカードしか捨てられません。

ただし、緑の毒薬のみ、どの色の捨て場所にも捨てられます。

※まだ、カードが捨てられていない場合は、どこに何を捨てても構わない。緑の毒薬も好きな場所へ置ける。3箇所は必ず違う色でないといけない。赤が2箇所などはNG。

カードを捨てた時に、その場所のカードの合計が14以上になったら、全てのカードを引き取ります。13まではOK。

引き取ったカードは裏を向けて自分の前に置きます。

引き取ったカード1枚につき、-1点です。緑の毒薬は-2点。

全員のカードが無くなるまで繰り返して終了。

終わったら、自分が引き取ったカードを書くにして、マイナス点を合計します。

ただし、全員の中で、各色のカードを最も多く持っていた人は、そのカードはノーカウント、0点になります。

例)赤カードを最も多く引き取った人は、赤色カードは0点になります。

プレイすれば分かると思うので、一度、練習でプレイしてみましょう。


コヨーテ ルール説明インスト用

ゲーム会での説明用にメモ。

コヨーテは、2~10人で遊べるカードゲーム。

全員のカードに書かれた数字の合計を予想して遊びます。

ただし、自分のカードは見えません。

他の人の顔色を見ながら、全員の合計数を予想しましょう。

---

■ルール説明(インスト)

全員にカードを1枚ずつ配ってゲームスタート。

配られたカードは見ないでください。

カードを、おでこの前に出します。

自分のカードは見ることは出来ません。

この状態で、全員のカードの合計を予想します。

[確認] ここまでは大丈夫ですか?

カードの数字は、20から-10まであります。

カードの裏にカードの数も書いてありますから、ゲーム中も確認できます。


数字カード以外に、特殊カードが3枚あります。

・Max0 最も高い数字のカードが0になります。

・? ゲームの終わりに山札からカードを引いて、そのカードを使って合計します。

・×2 カードの合計数を2倍します。

[確認] ここまでは大丈夫ですか?


(実際にカード配りながら説明。カードをフルオープンでOK)

時計回りで自分の手番が周ってきます。

手番で出来ることは2つ

1.数字の合計を宣言
2.「コヨーテ!」と宣言

詳しく説明していきます。

■1.数字の合計を宣言

自分の番が回ってきたら、予想した合計数以下の数字を宣言します。実際の合計数を超えないようにしましょう。

一人前のプレイヤーが宣言した数より、大きな数字を宣言しないと行けません。

■2.「コヨーテ!」と宣言

ひとり前のプレイヤーの宣言した数が、実際の合計数より大きいと思ったら「コヨーテ」と宣言します。宣言できるのは自分の番だけです。

「コヨーテ!」宣言 = 「その数字は大きすぎる!」という意味です。

例)
20点を宣言
次の人がコヨーテ!と宣言

実際の合計が21以上なら、20点を宣言した一人前の人が-1。
実際の合計が20以下なら、コヨーテを宣言した人が-1。

19 × コヨーテ失敗
20 × コヨーテ失敗
21 ◯ コヨーテ成功


■ライフとゲームの終了条件

このゲームは、ライフ制です。

スタート時にライフを3点持っています。

0点になるとゲームから脱落します。

ライフ計算は、身代わり人形カードで行います。

最初は二人の身代わりがいます。

-1点を受けたら、カードを裏にして残り一人の身代りに。

さらに-1点で身代…

ケルト|keltis ルール説明インスト用

イメージ
ゲーム会でのルール説明としてメモ

---

ケルトは、盤面の5つあるルートにコマを進めて、点数を競うゲームです。
コマを進めるには、5つのルート対応した色のカードを使います。

最初は少し分かりにくいかもしれないので、準備をしながら説明を進めます。

■準備 盤面を用意する

各自、自分のコマの色を決める。

自分のコマを盤面のスタート地点に置く。コマ一つを盤面の得点エリア(外周)の0点に置く。

盤面上のルートにある黒いマスに、特殊タイルを裏返しに置く。全て置き終わったら、表を向ける。特殊タイルの説明は後で。

■準備 カードを配る

カードをシャッフルし、各自に8枚配る。
カードは5色。0~10までのカードが各2枚。
それぞれのルートの色・模様に対応している。

■ゲームの進め方

自分の手番で出来ることは2つ。

1.カードを出して、その色のコースのコマを一つ進める。カード1枚を補充。

2.カード1枚を捨てて、カードを1枚を補充。

詳しく説明していきます。

■カードをだしてコマを進める→1枚補充

カードを場(自分の前)に出して、コマを1マス進めることができる。
場に出したカードに対応したルートのコマを進められる。

カードの置き方には、ルールがある。

・同じ色のカードは重ねて置く。

・小さい数字を最初に置いたら、それよりも大きい数字を置かなければならない。
例)2、3、4、7、8、10

・大きい数字を最初に置いたら、それより小さい数字を置かなければならない。
例)9、7,4,3,2,0

・同じ数字は置いてもよい
例)9、7,7,3,3,0

カードを出したら、カード1枚を、山札か捨て場(後述)から補充する。

■盤面の説明 -点数と大きいコマ

大きいコマが一つだけあります。このコマが進んだルートは点数が2倍。自信があるルート、つまり手札を見てカードが多く出せそうなルートに置きましょう。
各ルートは-4点からスタートします。コマを出したら、ある程度は進めないとマイナス点になります。どのルートのコマを進めるか、考えながらプレイしてみてください。


■盤面の説明 -特殊タイル

盤面のルートには特殊タイルがあります。
ゲームの準備で置いたタイルのことです。

特殊タイルは3種類

1.数字は得点
コマが得点チップの上まで来たら、その点数が貰える。得点エリア(盤面外周)のコマを、その数だけ進める。